IMPJとは

一般社団法人いのちを守る@プロジェクトJAPAN

いのちを守る@シリーズで行う
防災関連のセミナープログラム、防災イベントやエンターテイメントの開発運営をおこなうスペシャリスト集団。

【設立】

団体設立 2012年8月  法人資格取得 2014年8月1日

 

【組織・役員】

役  職 名  前
代 表 理 事 髙貝 正芳
専 務 理事 柏原 由興

 

【所在地】

〒114-0012

東京都北区田端新町1-20-11-602

 

【電話】

TEL : 03-6807-8656

FAX : 03-6807-8280

 

【メールアドレス】

info@imp-japan.org

http://imp-japan.org

 

【緊急連絡先】

携帯電話 080-9272-0919

 

【問合フォーム】

 

【主な活動】

(1)事業内容:防災、危機管理関連の誰でも楽しく参加できる、体験型防災セミナー、イベントプログラム開発、実施、受託及び主催運営。

 

(2)主な事業項目:「いのちを守る防災CAMP」2017の実施 内閣府政策統括官(防災担当)、各地の自治体等の後援、各方面の消防、警察、自衛隊協力本部等の協力を受け全国商業施設、国、自治体の防災啓発施設にて開催している。

 

(3)活動の経緯2011年3月11日 東日本大震災発生

 

2012年「子育てママの体験型防災セミナー」開始(1回/月、既に230回実施)

2013年「いのちの体験教室」開始(1泊2日中学高校生向、多数実施)

2014年「キッズ防災サバイバル教室」開始(児童養護施設、既に6回実施)

2015年「いのちを守る防災CAMP」開始(於 全国商業施設等、既に53回実施)

2016年「東京防災学習セミナー」125回(90分)受託、2017年更に125回実施予定

2017年「難病児及び家族向け防災セミナー」開始予定

 

【団体定款】

 

当法人は、災害時において、そして、日常においても「いのちを守る事」の重要性、また、そのための具体的な方法に関する教育、啓蒙、コンサルタント事業を目的とする。

第4条 当法人は、前条の目的に資するため、次の事業を行う。

1 いのちを守るための防災、減災の重要さの啓蒙に関する講演・セミナ-の実施、セミナ-プログラムの設計、情報提供、出版及び電子出版事業

2 いのちを守るために必要となる知識情報に関する資格試験、検定事業

3 防災力の向上、BCP等に関するコンサルティング事業

4 防災に関するイベント企画、運営、実施、受託、及び出演

5 防災備蓄製品、防災備蓄食品、防災救急、救護関連製品、システム、ソフトウエアー等の開発、製造、輸入卸、販売事業

6 いのちを守るための防災、減災の重要さの啓蒙を目的とした飲食店の経営事業

7 指定訪問看護事業

8 小規模保育所事業

9 インターネットによる通信販売事業

10 インターネット、携帯電話、テレビゲーム機等を利用した防災に関する情報提供サービス事業

11 いのちを守るための防災、減災の重要さの啓蒙を目的としたソフトウエアーの開発、製造、輸入卸、販売事業

12 前各号に付帯または関連する一切の事業

以上