第7回2017年 9月 実施予定決定

いのちを守る防災CAMPシリーズ

いのちを守る@キッズ防災サバイバル教室 in 檜原村

【実施概要】

実施日程 2017年9月23日(土)-24日(日)

開始開始 9月23日 12時30分 武蔵五日市駅集合

※五18系統 藤倉行13:00発乗車  ➡ 神戸岩入口下車

終了解散 9月24日 13時30分
(※12:30に変更となりました。) 武蔵五日市駅解散

実施場所 神戸園(かのとえん)キャンプ場

東京都西多摩郡檜原村神戸8018

実施内容 プログラム概要

※独立行政法人国立青少年教育振興機構

子どもゆめ基金助成活動

参加費用 7,500円 (税込)

※宿泊費、朝食夕食付、防災アイテム、キャンプ、講習、資格

※現地までの交通費は含まれません。

定員  20名

主催 一般社団法人いのちを守るatプロジェクトJAPAN

後援 内閣府政策統括(防災担当)、檜原村(予定)

申込方法  参加申し込みフォームへ

問合せ  info@imp-japan.org

Tel:  03-6807-8656

 

フライヤーのダウンロード

 

◆主催者ごあいさつ

大災害からわが子の「いのち」を守る。
これは子をもつ親として当然の願いではないでしょうか。

ただ、災害は時と場所を選びません。

「その時」に私たちはわが子のそばにいてあげられるでしょうか。そして助けてあげることはできるのでしょうか。

それは誰にもわかりません。

では、いつ起こるか分からない災害に対して、親として何ができるのか。
それは、わが子に「いのち」を守る術を習得させるということです。

この「いのちを守る@キッズ防災サバイバル教室」では、自身の「いのち」の大切さ、自分自身で「いのち」を守る術を共に学びます。それだけでなく、助かった「いのち」で他の「いのち」を助ける術も学びます。

防災の本質は「生き抜くこと」です。

いつ、どこで、何が起きても必ず生き抜く、そして元気な姿で再会する。
これを目指して私たちはこの活動を行っています。

そして、幾つもの失敗を乗り越え、多くの課題を解決し、「いのちの大切さ」に深く気づけた事の証しとして、この「いのちを守る@キッズサバイバル教室」を無事に終了できたお子さまには「修了証」を発行させていただきます。

この自信を胸に、未来の防災リーダーとして活躍してくれることを私たちは願っています。

 

一般社団法人いのちを守るatプロジェクトJAPAN
代表理事 高貝 正芳
プログラム監修及び企画制作

 

■団体参加実績

児童養護施設  一宮学園
社会福祉法人 房総双葉学園
東京都目黒区立東山小学校 他

当プログラムは、「独立行政法人 国立青少年教育振興機構」子ども夢基金の助成を受けております。

*

■関連ホームページ

http://mahoshokai.jp/

http://yumekikin.niye.go.jp/

ブログ

http://ameblo.jp/impjapan/
http://ameblo.jp/kassywindy/